膠の溶き方

三千本にかわの例

◎能面用にかわ液の作り方

(三千本膠の例)

三千本にかわを布にくるんで折るか、又はペンチで切ります。

膠5gを水から弱火で煮て溶かし、100tにします。

煮つまって足りないときは湯をたします。

100tの膠液から1面分、

30tをメスシリンダーに取り分けます。

@膠を折る

三千本にかわ 3本組
商品番号 49021
210円
(税込定価)

Aペンチで切る

B膠5g 水100t膠鍋で弱火で煮て溶かし100tの膠液を作る

にかわ鍋 手付き
商品番号 50097
840円
(税込定価)

Cかき混ぜる

D布で濾す

電気コンロ 85o 100V
商品番号 50851
3,675円
(税込定価)

E30tをメスシリンダーに取り分ける

F乳鉢に盛り上げ胡粉を、

しゃもじの大さじ山盛り2杯

(一面分)を入れメートルグラスで20tの膠液を乳鉢を用いて溶きます

乳鉢120o

(乳鉢2個・乳棒1本)
商品番号 50093
1,575円
(税込定価)

参考図書

能面を打つ
定価 5,250円


最終更新日 : 2012年5月8日