石王尉 鳥畑英之師 制作

 

堀安右衞門 能面打ち下に掲載の「石王尉」 

豊中能面工芸会 

主宰 鳥畑 英之先生

制作・彩色手順を公開

石王尉を制作

能面打ち「堀安右衞門の作品と技」下巻 [50880]

彫り工程

木取り 粗取り 仕上げ(こなし) 裏取り
彩色工程
ヤニ抜き 漆塗 下塗り 上塗り 彩色 毛植え(髪結)


彫り

@
型紙



石王尉型紙  計22枚/1set  
A
木取り



1)檜材に中心線を引き平面の
型紙より輪郭を裏面から写し取ります 

ヒノキ材寸法(mm)
タテ240×ヨコ170×厚さ90

面寸法(mm)
タテ205×ヨコ153×厚さ83 
2)輪郭線に沿って上下を鋸にて
切り取ります

3)下部の切断面に型紙の6番及び3,4番を写し取ります

注)表面、裏面を間違わない様に,6番の鼻頭を表側の面に詰めて写します

ヒノキ材の厚さ90mmに対して面
厚さ83mmなのでその差7mmの
余裕があり削り損なった場合全体
を落とす事が出来ます。

4)各コーナー及び輪郭線外の不要な
部分をヨキ、鋸等で切り取ります。
5)面中心の縦型紙にて低い位置
(2箇所)に深さ 1cm程の切り込み
を入れる
B
粗取り


6)粗彫準備
作業台、主な型紙、木槌、平及び
丸型たたきノミ を用意
7)平ノミで鼻の頭方向から額の切り込み迄彫り込みます。
8)上口部から鼻下の切り込み迄彫り込みます。
9)額の不要部分を削り取ります。
この時面中心の縦型紙で削り取る
深さを 見極めておいて下さい。
10)上口、顎部分を少しづつ削ります。
11)6番の型紙で鼻幅を下書きます。
12)鼻の左右を削り取っていきます。
13)鼻の両脇から顎部分を削り取ります。
14)頭、額部分を削り取っていきます。
15)裏に型紙を押しピン等で止め輪郭を直角に仕上げます。
16)型紙3番、4番でこ眉間、及び目頭、
目尻等を下書きます。
17)丸ノミで目部分を削り形状つけていきます。
18)型紙で確認しながら頭、頬、顎を
少しづつ削り取っていきます。
C
仕上げ(こなし)





19)ノミから彫刻刀に替えて各部分の
仕上げに入る
20)面中心縦型紙にてこまめに1番〜顎
までの型紙にて形状確認を行う
22)型紙のない部分等は滑らかに又、表情に注意しながら彫り進みます。

23)型紙で度々も、目頭、目尻,口角等の位置(寸法)を型紙にて確認

24)口の中心に鋸の切り溝をいれて彫り進める。口角に注意
25)鼻、目穴を5mm程度の深さまで彫ります。

<<ページトップに戻る
D
裏取り













26)丸ノミで一定の深さ迄彫り進めます。材料の目に注意します。
27)裏を彫刻刀の彫り模様を考え乍仕上げて行きます。
28)目穴(鼻穴)を仕上げます。
29)#120ペーパーにてかるくならします。

30)彫り完成

こちらを画像をクリックしますと大きい画面
になります

<<ページトップに戻る

彩色
@
ヤニ抜き


1)ビニール袋に面が浸る程度まで
エタノール(燃料アルコール)を入れ封印
4〜5日間保管

注)可燃性が高い為保管場所を厳重に管理
して下さい
2)鍋に面を入れ沸騰した熱湯を入れます。
その温度差によってヤニを含んだアル
コールが細かい泡になって吹き出て来
ます。2〜3回熱湯を入れ替えてガスコンロ
で炊き出し泡が粗出なくなったところで
取り出し陰干しで乾燥(2〜3週間)させます。

乾燥の目安としてヤニ抜き前に重さを
計測しておき、同重量になるまで乾燥
すれば良いです。

A
漆塗り


用具
ポリサイト(油性合成漆塗料 透明、黒)
うすめ液、小皿、うるし刷毛、
参考:まこも(艶消し用)
1)ポリサイトを適量のうすめ液で塗り易
い柔らかさに混ぜます
参考:透明漆と黒漆を適量まぜて
好みの色にも出来ます
2)裏面に2〜3回塗り重ねます。
表面の耳穴周辺、骨格の出っ張った
部分にも少し塗っておきますと時代の
入ったおもしろい彩色が出来ます。

参考:乾かないうちにまこも等をかるく
擦り込みますと艶消しができます

B
下塗り

用具
下塗胡粉(盛り上げ胡粉)、三千本膠
膠鍋、乳鉢、乳棒、とおし(#150)、
メスシリンダー(200ml、20ml)、重皿
電熱器、刷毛(平筆、たたき筆)
1)膠溶液
三千本膠5g:水100ml(約4面分)
を電熱器で溶かして作り、布等で
濾過しながらメスシリンダーに移します
2)盛り上げ胡粉(小さじ大盛2杯分)と
膠溶液(20ml)を 乳鉢にいれ乳棒にて
良く混ぜ合わせとおしで重皿に移します
3)膠溶液5〜10mlで乳鉢の中の残った
胡粉を洗い、とおしを通して別の重皿
に移します
4)顔全体に洗い落した膠溶液(5〜10ml)
を たたき筆でよく擦り込む様に塗り
込んでいきます
5)良く乾かせた後、平筆で複数回乾燥
を含めて塗り 重ねていきます


鼻穴、目等は小筆で丹念に塗ります
6)良く乾燥させた後、ペーパー(#120)
で軽く慣らします

C
上塗り

上塗り、彩色用具
  膠溶液、上塗胡粉、ケーキカラー、五色墨、
墨、朱墨、硯、水乾板顔料、天然煤、
螺青、竹ベラ、墨、平筆、面相筆、小皿等

1)顔料(朱土、黄土、青(17番)、ルイセ)を
適量混ぜ合わせ上塗り胡粉(小さじ大盛り
程度)を加えよく擦り合わせ撹拌します。


注)上塗り色を考えて顔料を調合して
下さい、
特に青(17番)は非常に効き易く
微量で調合して下さい

2)上塗り溶液20ml(10mlの膠液を10ml
のぬるま湯で倍にうすめたもの)を
作ります

下塗りと同じようによく混ぜ合わせた
上塗り胡粉に約15mlを注いで撹拌して
とおし(#150)にかけ重皿に移します。
又、残り5mlで乳鉢を洗い同じ重皿に
とおしをかけて移します
3)出来上がった上塗り溶液を液溜まり等
に注意して丁寧に塗り重ねていきます


1回ごとによく乾燥させて下さい






写真をクリックしますと拡大
写真になります
D
彩色


4)小皿に白色カラーケーキを水で溶き
黒色を少量ずつ混ぜ合わせて鼠色
(グレー)を作ります。
4)別の小皿に黄色、赤色、青色を適量
水で溶き、若草色を作ります。


濃淡のある若草色を2〜3皿作っておき
ます、又赤色、青色に作り置きの鼠色
を混ぜたものを一皿ずつ作り、都度4色
を調合して色合わせを行います。
5)使い古した綿布(約5cm角)を調合した
液に浸し、良く絞って(又はタンポン)丹念
に面の輪郭線より打ち込んでいきます。
この時,少し乾かせた色合いを見て、
思った色に調合し直したりもします
6)適当に色が付き始めたころあいを見て
表面を湿らせて竹べら等で時代を入れる為  軽く傷を付けたりもします
7)面相筆で目に黒墨の罫書きを入れます
又、朱墨を研いで唇に朱を入れます
8)鮮やかな朱の色の上に少し古色(天然煤)
を入れ時代感を出します。
9)調合した色に古色(天然煤)を混ぜ段々
と古びの色に替えて行きます。
10)骨格の高いところ等に湿り気を与え
竹べら等で傷をつけ時代を入れさらに
色を入れていきます
11)眉毛、口髭を薄めの墨で罫書きます
12)調合した古色を打ち込み、研ぎ出し、
等を繰り返し乍仕上げていきます
13)気になる色のムラ等は筆入れ等で
仕上げていきます










写真をクリックしますと拡大
写真になります
D
毛植(髪結)


準備
馬の毛=髪用:適量を糸で束ねたもの
左右合計で20本(長さ25cm〜
30cm)
顎髭用:適量を糸で束ねたもの
13本(長さ約15cm、端が自然に
細くなっているのが好ましい)

  木工ボンド、錐、元結(約65cm1本)、
クリップ(2pc), 爪楊枝(適量)
1)彫りの時開けておいた錐穴に再度、錐
を通し直します。この時錐を円錐状に回し
毛を差し込む入口を広げます

2)爪楊枝の先端を四角推状にけずり
軽く木工ボンドをつけます
3)毛穴に束ねた毛を差し込みその内側
に四角推に削った爪楊枝を差込みます、
この時爪楊枝を左右に捩じるように
回します、これにより束ねた毛が爪
楊枝の周に扇型に広がり固定します


差し込んだ爪楊枝の根本を切り取ります
以後繰り返し植えていきます
4)元結(65cm)を3等分に切ります
5)3等分した3本の内2本を2等分して
計5本の元結を準備します。
6)植えた毛に古色等を塗重ね肌の色と
合わせます
7)電気ゴテで髪を揃え少しウエーブをつけます
8)髪の毛を束ねて捩じっていき端を木工
ボンドを塗り、固まるまでクリップ等で固定
します
注)見栄えよく揃えて下さい
9)頭部中央で捩った髪の束を交差させて
頭部中央に開けてあった2箇所の穴に
面裏より元結(長い元結)を二重に通し
捩じった髪を固定します
10)元結は面裏で結び木工ボンドを軽くつけ
弛み止めとします
11)固定した中央より左右5〜6cmの極力
面淵に近いところに錐穴を空け2本の
髪の束を纏めて残りの元結で一縛りし

結び目の端を加工した爪楊枝に木工
ボンドをつけて錐穴に押し込め固定し
ます(左右2箇所)、


この時の爪楊枝先の加工形状は二面カット
(マイナスドライバ-形状)で元結の糸を錐穴
に押し込み易い形状とします
12)左右の残りの髪先を10本の植え込みの
内側にはみ出さない様長さを切り揃え
正面から見えない様、髪の端を残りの
元結で縛り 11)の固定の仕方で髪の
端を止めます(左右2箇所)
完成 こちらをクリックしますと大きい画面
になります

<<ページトップに戻る